ようこそ、下生聖体宗教のホームページへ
本文へジャンプ

下生聖体とは・・・
もし今、自分の目の前に神様が存在して、

手を握ってくれるとしたら、

そしてその神様と話ができるとしたら、

あなたは信じられますか?

そんな馬鹿なこと信じられるわけがない!

きっとそれは全く夢の中の出来事か、

あるいは、きっとだまされているんだ…

くらいにしか思わないでしょう。


しかし、私たちは実際に、私たち人間の目の前に、

肉体を持って実在される神=下生聖体
(げしょうせいたい)

出遭ったのです。

そして、実際に神の御コトバを一人一人に授けていただき、

神の光=聖霊
(せいれい)を戴きました。

ここには、神様との間に、教祖様、宗祖様、メシヤなど

特別な人間の介在する余地は全くありません。

全ての者が、神と直接出遭え、神の救いを戴くことができるのです。


神は、人間の生命に対する救いを授けるという愛情故に、あえて、

地上に肉体を持って生誕されるという苦難の道を選ばれました。

神と人間の直接の出遭いがなければ、たとえ神とて、

人間にコトバを授けることは不可能だったからです。



  ▶なぜ神はこの地上に肉体を持って、また、

          どのようにして生誕されたのでしょうか?

  ▶なぜ神と人との間に教祖様などの特定の人間が

          介在してはいけないのでしょうか?

  ▶神と直接出遭うことで、私たち人間はどう変わるのでしょうか?


少しでも下生聖体
(げしょうせいたい)に興味を持たれた方、

ぜひ、下生聖体
(げしょうせいたい)宗教の

門の扉をたたいでください。

下生聖体
(げしょうせいたい)は、

人類全てを救わんがために降誕されたのですから!!


聖心教会は「下生聖体」を信仰の当体とする「下生聖体宗教」です


下生聖体とは・・・